発達の原則「”手持ちの力”を最大限に活かす」

人は今の”手持ちの力”を使って生きている。

明日、身につくかもしれない力で今日を生きることはできない。

将来、使うための力を身につける”準備”よりも、”手持ちの力”を最大限使っているうちに、

次の新しい力が身についてくるという発達の原則がある。

“手持ちの力”を使って世界が広がることで、子どもたちは楽しさと喜びを感じる。

また、その”手持ちの力”で貢献できれば、周囲が喜び、それにより自分も喜ぶことができる。

そのような機会が次の発達を自ら獲得していく意欲につながる。

それが、発達の原則である。

(発達心理学者・奈良女子大学名誉教授 浜田寿美男先生の言葉より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る