「ありがとうの基準を下げましょう」

 10月はハロウィンパレードが無事開催され、おへそらしい楽しい時間となりました。保護者様におかれましては、感染予防等にもたくさんご協力いただき心より感謝申し上げます。

 さて、ご存じのとおり「有難い」という言葉は、「有ることが難しい」というのが語源です。おへその職員間では、たくさんの「ありがとう」が飛び交います。少しサポートをしてもらっても「ありがとう」。お休みをもらっても「ありがとう」。今日1日が終わって帰る時も「ありがとう」。研修やイベントが終わっても「ありがとう」。たくさんの「ありがとう」が飛び交っています。

 「ありがとう」の言葉にはすごいパワーが秘められています。にじ組さんで「しあわせのバケツ」を学んでいるとおり、「ありがとう」には相手の心のバケツを満たすことはもちろん、喜んでくれた相手の表情を見て、こちらの心までが満たされる不思議なパワーがあります。

 「ありがとう」をたくさん言う人は“ありがとうの基準が低い”という共通点があり、幸福度も高いと言われています。「これくらいやってくれて当たり前だろう」、「ご飯をつくってくれるのが当たり前だろう」、「仕事をしてくれて当たり前だろう」、「お給料をもらって当たり前だろう」、「お世話されて当たり前だろう」、「子どもだから当たり前だろう」、「大人だから当たり前だろう」、「上司だから当たり前だろう」、「部下だから当たり前だろう」、「保育士だから当たり前だろう」そうやって、「当たり前」が増えていき、その状況を「有ることが難しい」と感じなくなった途端に感謝の言葉は減っていき、「ありがとう」の言葉がどんどん少なくなっていきます。

 同じように、子どもを授かった時は、「お母さんの元に来てくれてありがとう」、「無事に生まれてきてくれてありがとう」と思います。それでも、少しずつ、子どもが成長していけば「こういうふうに成長して欲しい」「こういう能力も育って欲しい」「なんでこんなふうにしてくれないの?」と多くの期待が増えていき、子どもがそこに存在してくれるだけで「ありがとう」という気持ちはどんどん薄れてきます。
日々意識したいのは、「ありがとうの基準を下げる」というものです。

 子どもたちが朝目覚めてくれただけで「ありがとう」。保育園に登園してくれただけで「ありがとう」。今日1日元気に過ごしてくれて「ありがとう」。夫婦でも、仕事を頑張ってきてくれて「ありがとう」。ご飯を作ってくれて「ありがとう」。日々、支えてくれて「ありがとう」。そうやって、ありがとうの基準が低ければ低いほど、人はしあわせを多く感じることができます。

 「当たり前」と思わずに、「有難い」と感じる心を育むことは、人生を歩む上で、幸福度を感じる上で、これからの時代を生きる上で、とても重要なことのように思います。その心を育む上で大切なことは、私たち大人が、まずは身の周りの些細なことにも感謝の心を持ち、「ありがとう」という言葉を口にすることです。

 おへそに通ってくれる子どもたち、いつもたくさんのご理解ご協力をいただく保護者様、子どもたちに安全と安心をもたらしてくれる職員、子どもたちの声を「にぎやかでいいわ~」と言ってくださるご近所様、衣食住にありつけ、日々安心して眠れること、小さく見える、様々なできごとに、心からの感謝の気持ちを持って、日々過ごしていきたいと思います。いつもありがとうございます。

おへそグループ統括園長 吉村直記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る