「褒める達人であれ」

子どもに関わる人、子育てをしている人であれば、人を褒める達人でありたい。

褒めることで人は嬉しくもなるし、自分の長所を改めて認識することになる。

褒めることができない人の共通点として「自分の方ができる」という思いが邪魔をすると本に書いてあった。

褒めることができる人は、「あなたは素晴らしい」と素直に思える心のある人だ。

いわば、「褒められる人」より、周りを「褒める人」の方が、一枚も二枚も上手なのだ。

周りを素直に褒めれる人の周りには、能力のある人が集まる。

周りの人の能力が助けてくれるから、自分自身に能力がなかったとしてもうまくいく。

もし、「自分には長所がなくて、能力がなくて」と思っているのであれば、周りの人の素晴らしい部分を見つけて褒めてあげたい。

褒めることには大きな努力も必要なければ、子どもにだって、誰にだって、やろうと思えばできる。

多くの人は「褒められる努力」はできるが、「人を褒める努力」は怠ってしまう。

「褒められたい人」が世の中のほとんどであれば、「褒める人」になった方がうまくいく。

子どもも大人も、「褒める達人」を目指したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る