「相手にお願いする時の注意点」

相手に何かお願いする時は、相手が気持ち良くそれを実行していただけるか、という点を大切にしたい。

無理にお願いしようとすれば、相手は、納得感を持てず、良いパフォーマンスでお願いごとを実践してはくれない。

双方にメリットがない。

相手にお願いする時は、相手に重要感を持たせながら、「あなたにお願いしたい」「あなただからこそできる」「難しいお願いだけれど、あなただったらと思って」と伝えなければならない。

さらに、相手の状況に十分配慮しなが、丁寧に、目的と想いを語り、「お願いの意図」を十分すぎるくらいに伝える必要がある。

その上で、その実行するプロセスを不安なく共に計画し、サポートし、途中経過も含め、追いかけ、感謝を伝えていかなければ、相手の納得感は出てこない。

人は、自分のことを一番大切に考えている。

人は、自分の目の前で起きている状況や、目の前の業務で100%なのだ。

新入社員であっても、ベテランでも、一流企業の社長であっても、ソフトバンクの孫さんであっても、業務量に関わらず、自分の100%と思う力を発揮しながら仕事をしている。

その隙間に入ろうとするには、相当なハードルがある。

しかし、相手にお願いし、協力をお願いすることは、大きな産物があるのだ。

相手は、そのお願いごとを実践させ、こちらに参画させることで、行動を共にした仲間と化していく。

周りの仲間と感じている人を改めて確認して欲しい。

共に、同じ目標に向かって仕事でもプライベートでも、何か協力し合いながら行動していた人たちではないだろうか。

そして、あまり意識することなく、お願いできる仲間に、心からの感謝を送らなければならないことをも忘れてはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る