子どもたちには「反応」ではなく「対応」を

子育てや保育をしていると、ムッとなりそうな時もあるでしょう。

しかし、子どもたちは、それが適切などうかがわからずに行動してしまていたり、

体調や本人の特性などの背景があって、その行動に至っているのかもしれません。

そうであればあるほど、「反応」するのではなく、「対応」することを心がける。

感情的になって言葉を伝える際、ほとんどほ場合、「反応」してしまっています。

「え!何その行動!何その口のきき方!」と、反応してしまいます。

その子をサポートしたいと思えば思うほど、「反応」ではなく、「対応」を心がける。

その瞬間に人としての感情を抑え、より、冷静に、相手の前に、自分自身をコントロールして伝える。

繰り返しますが、「反応」している場合、親や保育者が自分自身のコントロールを失っている場合がほとんどです。

今のは「反応」して接したかな?

今のは「対応」できたかな?

と振り返りながら、子どもたちに接してあげたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る