改めて「人のよいところを見る」を考える

人には2通りの人間がいる。

よいところを見ようとする人間と、欠点を見る人間だ。


どちらも能力だが、人を活かす立場にある人は、

やはり「人のよいところを見る」を実践したい。

人のよいところを見れば、


人のよいところを見る

相手は嬉しい

相手との信頼関係が形成される

あなたをリスペクトする

相手はよいところを活かし、あなたに貢献しようとする

また、相手の褒めるところが見つかる↓人のよいところを見る


というループに入る。

逆に欠点を見る人を見てみよう、


人の欠点を見る

相手は不快

相手との信頼関係が崩れる

あなたを嫌う

相手は、欠点を見る人には貢献しようしない

また、相手の欠点が見つかる

人の欠点を見る

どちらがメリットがあるか明白だ。

人のよいところに目を向ける人でありたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る